森にふく風

tnoffice.exblog.jp
ブログトップ

ムササビ


先日ご近所の方からお電話を頂きました。
「暖炉の煙突からムササビが落ちてきて、もう4日がたつけど、どうやって捕まえたらいいの」

すぐに伺いました。

いるんです!眠っていました。私たちがしゃべっていると、時折ぼぉ~と眠たそうにこちらを見ますが、またすぐに眠ってしまいます。夜行性ですから眠いのでしょう。

ご近所の方は、暖炉の中にドングリを入れてみたそうです。よく食べたそうです。
梨も入れてみたそうですが、こちらは食べなかったそうです。

長袖に手甲、丈夫な軍手をして、捕まえてひとまずゲージに入れてみる事を試みました。
そこのお宅のご主人がまずそっと触れてみると、じっ~としていてそのまま難なくゲージへ・・・・・

その場には5人いたのですが、みんなあまりのあっけなさに拍子抜け。
私も軍手や手甲をすぐに外すことになりました。

とってもおっとりしていて、ゲージにいれても、状況が飲み込めていない、きょとんとして表情で、
ぼぉ~としています。そして、またふさふさの尾を頭に乗せて眠ってしまいます。

夕方まで段ボールでゲージを覆い、そっとしておきました。

辺りが暗くなると、「起きた」感じで活発になってきました。

ゲージからこちらを見る目があまりにかわいらしくて、ゲージのふたを開ける気になりませんでしたが、
活発な様子を見ると、やはり、開けないわけにはいきません・・・・。

クヌギの根元で泣く泣くふたを開けると、なんの躊躇のなく、一気にクヌギを駆け上り、一瞬立ち止まり、またすぐに木を上り、姿が見えなくなってしまいました。

間近で見るムササビは、本当に愛らしく、のんびり、おっとりしていました。
目の前で、ドングリを両手で挟んで食べるんです(^_^)本当に愛らしいです。

今夜も庭からムササビの声がします。
ムササビの棲める環境を大切にしていきたいなぁ・・・とにかくかわいいのです。

e0197869_22164049.jpg


一瞬立ち止まった時。かわいいですよね~(^_^)
[PR]
by tanzawa-nature | 2014-09-12 22:20 | 森の暮らし