森にふく風

tnoffice.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:森の暮らし( 24 )

ニホンミツバチの分蜂

e0197869_18252042.jpg

5月は毎日のように森の中で鳥類の調査をやっています。
そんな中、今日はニホンミツバチの分蜂(旧女王蜂の巣分かれ)と出会いました。
まわりではキビタキやサンコウチョウの囀りが。


[PR]
by tanzawa-nature | 2017-05-22 18:40 | 森の暮らし

晩秋

薪を整理していたら、アカネズミが食べたシイの実のかすがたくさん出てきました。
今年もシイの実は豊作でしたが、裏山のコナラやクヌギは不作のようです。
そのためか、今年は家の周りでカケスの声をよく聞きます。
e0197869_10044344.jpg

     デッキに落ち葉がたまりはじめました。
e0197869_10041086.jpg
ワイルドライフミュージアム〜日本の野生動物
日本に棲む様々な野生動物を紹介しています。

【山口喜盛の著書】
丹沢で見られる動植物654種を掲載している図鑑と山歩きのガイドブックが一つになった本です。
家の周りや里山、山や森など、この一冊で自然ウォッチングが楽しく学べます。



[PR]
by tanzawa-nature | 2016-11-22 10:10 | 森の暮らし

ムササビ


先日ご近所の方からお電話を頂きました。
「暖炉の煙突からムササビが落ちてきて、もう4日がたつけど、どうやって捕まえたらいいの」

すぐに伺いました。

いるんです!眠っていました。私たちがしゃべっていると、時折ぼぉ~と眠たそうにこちらを見ますが、またすぐに眠ってしまいます。夜行性ですから眠いのでしょう。

ご近所の方は、暖炉の中にドングリを入れてみたそうです。よく食べたそうです。
梨も入れてみたそうですが、こちらは食べなかったそうです。

長袖に手甲、丈夫な軍手をして、捕まえてひとまずゲージに入れてみる事を試みました。
そこのお宅のご主人がまずそっと触れてみると、じっ~としていてそのまま難なくゲージへ・・・・・

その場には5人いたのですが、みんなあまりのあっけなさに拍子抜け。
私も軍手や手甲をすぐに外すことになりました。

とってもおっとりしていて、ゲージにいれても、状況が飲み込めていない、きょとんとして表情で、
ぼぉ~としています。そして、またふさふさの尾を頭に乗せて眠ってしまいます。

夕方まで段ボールでゲージを覆い、そっとしておきました。

辺りが暗くなると、「起きた」感じで活発になってきました。

ゲージからこちらを見る目があまりにかわいらしくて、ゲージのふたを開ける気になりませんでしたが、
活発な様子を見ると、やはり、開けないわけにはいきません・・・・。

クヌギの根元で泣く泣くふたを開けると、なんの躊躇のなく、一気にクヌギを駆け上り、一瞬立ち止まり、またすぐに木を上り、姿が見えなくなってしまいました。

間近で見るムササビは、本当に愛らしく、のんびり、おっとりしていました。
目の前で、ドングリを両手で挟んで食べるんです(^_^)本当に愛らしいです。

今夜も庭からムササビの声がします。
ムササビの棲める環境を大切にしていきたいなぁ・・・とにかくかわいいのです。

e0197869_22164049.jpg


一瞬立ち止まった時。かわいいですよね~(^_^)
[PR]
by tanzawa-nature | 2014-09-12 22:20 | 森の暮らし

センサーカメラ


 日頃、調査や撮影のために山、森の中にセンサーカメラをしかけに行くことがあります。
 
 お正月、いえでのんびりしていることだし、カメラも手元にあるので、しかけてみました。

 
e0197869_2319654.jpg


 今年の目標は・・撮影にも力を入れたいし、やはり、コウモリ・・・を調べたい。

 春には捕獲もしたいし、ねぐらも探したいし・・・。



 タヌキ、かわいいですね。
[PR]
by tanzawa-nature | 2012-01-02 23:25 | 森の暮らし

火を囲んで・・・


 水とか火とか、身近にあるととても豊かな気持ちになる。
 今年の最後に、大切な友人達と火を囲んだ。16人。思い思いに
 火の番をする人、落ち葉をかく人、散歩をする人、今年あったいろいろな事を話した。
 面と向かってより、火を見ながら横に並んでいると、いつもより話しやすい事も
 あったような・・・。

e0197869_17484770.jpg


 焼き芋と棒パン016.gif
 この棒パンがすごくおいしい!棒にパン生地を巻き付け?焼けたら、棒から外して、
 バターとグラニュー糖をを入れて食べる。絶品!!

 
e0197869_17461467.jpg
e0197869_17463915.jpg



 この日はじめて使った「焚き火台」調理にも使えるし、暖とれるし、
 何と言っても小枝を少しずつくべて楽しめるのがいい。
 これからたくさん活用していきたい。

e0197869_1751204.jpg


 暮らしの近くにもっと火や水を感じていたいな。
 
 とても満たされた1日でした。 


 12月29日、夕方、いえの脇のヒノキにムササビが飛んできた。
 しばらく、動きを眺めていたら、フクロウの声がした。
 これから始まるフクロウの繁殖期。季節が過ぎるのは本当に早い。
 はじまったばかりの夜に低いフクロウの声、その姿に思いを馳せると、
 本当に幸せな気持ちになる。今年も静かに終わっていく。

[PR]
by tanzawa-nature | 2011-12-30 17:59 | 森の暮らし

台風

先日の台風15号の風はすごかったですね。
丹沢の山麓では、あちこちの木の枝が折れていました。
我が家のクヌギの太い枝も折れて地面に突き刺さっていました。
家の方に倒れていたら大変でした。
e0197869_650324.jpg

丹沢湖の方にいったら、
e0197869_650306.jpg

[PR]
by tanzawa-nature | 2011-09-28 06:56 | 森の暮らし

お月見まであと少し・・・

 今日は、自動撮影カメラの設置に仙石原に行きました。

 ススキの花が咲き、少しひんやりする空気に秋を感じます。

 今日の月・・・

 
e0197869_0412385.jpg


 9月12日は仲秋の名月ですよね!?「秋」と「月」ってぴったりですね・・・

 過ぎゆく夏を思い、肌寒さを感じながら見上げる月はなんとも言えません。

 今年のマツムシの初認は8月20日。いつの間にか夜の音がすっかり秋に鳴く虫たちにかわり・・・

 
 そんな季節にはゆっくり本が読みたいです。

 今日は、時々読み返す、大好きな「センス・オブ・ワンダー」の一節をご紹介します。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  人間を超えた存在を認識し、おそれ、驚嘆する感性をはぐくみ強めていくことには、
 どのような意義があるのでしょうか。自然界を探検することは、貴重な子ども時代を
 すごす愉快で楽しい方法のひとつにすぎないのでしょうか。それとも、もっと深いなにかが
 あるのでしょうか。
  わたしはそのなかに、永続的で意義深いなにかがあると信じています。地球の美しさと神秘を
 感じとれる人は、科学者であろうとなかろうと、人生に飽きて疲れたり、孤独にさいなまれる
 ことはけっしてないでしょう。たとえ生活のなかで苦しみや心配ごとにであったとしても、
 かならずや、内面的な満足感と、生きていることへの新たなよろこびへ通じる小道を見つけ出す
 ことができると信じます。
  地球の美しさについて深く思いをめぐらせる人は、生命の終わりの瞬間まで、生き生きとした
 精神力をたもちつづけることができるでしょう。
  鳥の渡り、潮の満ち干、春を待つ固い蕾のなかには、それ自体の美しさと同時に、
 象徴的な美と神秘がかくされています。自然がくりかえすリフレインー夜の次に朝がきて、
 冬が去れば春になるという確かさーのなかには、かぎりなくわたしたちをいやしてくれる
 なにかがあるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  なにか温かいものが飲みたくなりました。  おやすみなさい。

 
[PR]
by tanzawa-nature | 2011-09-07 01:02 | 森の暮らし

蝶に蝶


 今年は「イモムシ」が気になっています。

 春にはモンシロチョウを、そして6月からはアゲハの幼虫を育ててみました。

 どちらも羽化し、無事に飛び立っていきました。



 先週末、山梨の櫛形山で開かれた「コウモリフェスティバル」に行って来ました。

 コウモリの更なる魅力に、すっかり調査する気持ちも盛り上がり、その帰りに

 秩父で車中泊し、コウモリの捕獲調査をして来ました。

 そして帰宅すると、カーテンや本棚にじっとくっついていたサナギから、

 美しいチョウに変わっていたのです!!

 あぁ、羽化する時には立ち会えませんでしたが、でも無事に羽化し、

 本当によかった007.gif

 翌日も羽化しそうなサナギがいました。だんだんと、サナギの中に黄色や黒っぽい色が

 見え始め、今にも羽化しそうな時は、こちらもなんだかそわそわ落ち着きません。

 何度も様子を見にうろうろしました。でも、眠ってから羽化したようで、朝起きると、

 ナミアゲハがゆっくり羽を乾かしていました。

 その場所は壁に貼り付けてある蝶の上。

 
e0197869_1173624.jpg


 
e0197869_118138.jpg

 しばらくしてから、夏の空へ飛んでゆきました。

 う~ん、次は何をそだてようかな・・・。
[PR]
by tanzawa-nature | 2011-07-24 01:23 | 森の暮らし

少し遅めの・・・桜餅

 もう5月も終わろうというのに・・・友人たちと桜餅を作りました。

 ご近所の方に教えて頂き、初めての桜餅。敷居の高い和菓子でしたが、

 楽しく丁寧に教えて頂き、思っていたよりも簡単に、おいしくできました 001.gif

 なぜ、ブログに載せたかというと・・・桜餅にのっている、「桜の花の塩漬け」、

 教えて下さった方が、ごく近いところで採取した今年の八重桜の花で、

 ご自分で作られたからなのです。

 う・・・・ん、来春は私も作りたい!作れそうな気になってきました。

 手作りの「桜の花の塩漬け」ののった手作りの和菓子。

 どなたかに送ることを想像すると、作る気がみなぎってきます!?

 この勢いがあるうちに、練習することにします006.gif

 
e0197869_23261996.jpg


 もう一品作りました。大福です。中身はイチゴ、パイナップル、トマトです。

 今、畑で育っているトマトを入れた大福、今年の夏は作れるかな。

 
e0197869_2328057.jpg

[PR]
by tanzawa-nature | 2011-05-30 23:29 | 森の暮らし

薪作り

いつもならば冬に薪を作るのですが、今年はだいぶ遅くなってしまいました。
ご近所さんから木を分けてもらい、今になって汗をびっしょりかいて薪割りをしています。
乾燥させる期間が短いので、今年は細めに割る必要があります。
やっぱり薪作りは冬の仕事ですね。


e0197869_1222097.jpg


           「今ごろなにやってんの!」と キビタキがやって来ました。

e0197869_124064.jpg

[PR]
by tanzawa-nature | 2011-05-23 12:11 | 森の暮らし